for_web.JPG
〈ご協力ありがとうございました!〉

ミャンマー北部で長い紛争が続いています。紛争の影響は、いつも罪のない子どもたちに最も大きく及びます。自らも避難しつつ、子どもたちを育もうとする方々とともに、約1年間、学びの場を作りたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

難民ナウ! 学生動画プロジェクトメイン
pick up! 〈Share My Heart Action〉
  

自分にとって一番大切な言葉をアラビア語でシリアの人たちに届けようと言うShare My Heart Action。

全国782大学の学生とつながり、自分(たち)、自分の大学、自分の地域にできる難民との関わりを考えようというP782プロジェクトが進めています。

「何かしたい」をカタチに。

皆さんの参加をお待ちしています!

写真の送り先は、

p782daigaku@gmail.com

 

Pick Up!〈シリア国内に食糧を
届けることができました!〉

  

難民ナウ! 学生動画プロジェクトメイン

ファーストリテイリング社が2015年秋から取り組む、1000万着のHELP(1000万着の衣料品を回収して難民キャンプに届けようという取り組み)の一環として、2016年6月18日(土)、19日(日)に、京都市左京区のカナート洛北で実施された「3万着のHELP」。難民ナウ!も趣旨に賛同し、実行委員会のメンバーとして参加しました。

〈難民ナウ!〉
難民ナウ! メイン写真

〈難民ナウ!〉は、「難民問題を天気予報のように」をコンセプトに、2004年2月から京都三条ラジオカフェ(FM79.7MHz)で放送を開始した、日本初の難民問題専門情報番組です。

2013年6月までに、難民、UNHCR、NGO、政府、地方自治体職員、研究者、市民団体、学生団体、弁護士、アーティストなど600人を超える方々にインタビューを重ねています。

毎週土曜日19時から6分間の放送です。

番組は以下のリンクからお聴きいただけます。

​新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、身近な人たちも、そして自分たちも大変な思いをしている中、「遠くの悲しみ、のように捉えてしまいがちな人たち」に向けて、どのような言葉を紡げばよいのか長い間、立ち尽くしました。シリアの友人が、国内避難民となりながら「大変な思いをしている人たちを前にしたとき何をするかに人間性があらわれると思う」と、さらに困っている孤児たちに食糧を配ったことを思い返し、今こそ人間に問いかける声を届けたいと番組を再開します。
今回は、定住難民支援団体への緊急資金援助を実施した、公益財団法人アジア福祉教育財団の藤原正寛理事長にお話をうかがいました。ぜひお聴きください!

藤原正寛理事長_アジア福祉教育財団ppt.jpg

​               藤原正寛理事長

  写真提供:公益財団法人アジア福祉教育財団

公益財団法人アジア福祉教育財団の藤原正寛理事長に聞く - 難民ナウ
00:00 / 00:00
移住連の「新型コロナ 移民・難民救援基金」について高谷幸さんに聞く - 難民ナウ!
00:00 / 00:00
vol.3オックスフォード大学国際開発学部の小俣直彦准教授をスタジオに迎えて3/3 - 難民ナウ!
00:00 / 00:00
vol.2オックスフォード大学国際開発学部の小俣直彦准教授をスタジオに迎えて2/3 - 難民ナウ!
00:00 / 00:00
vol.1オックスフォード大学国際開発学部の小俣直彦准教授をスタジオに迎えて1/3 - 難民ナウ!
00:00 / 00:00
難民ナウ! TVメイン写真
〈難民ナウ!TV〉

東日本大震災、福島原発の事故によって、これまで「遠くの悲しみ」だった難民問題は、誰にも起こりうることだと一人ひとりに突きつけられました。そうした中、とくに福島の子どもたちを放射能汚染から守る必要があると考え、2011年10月からスタートしたインターネット放送です。コンセプトは「子どもの安全を守る!」

世界難民の日 関西集会2016

「難民問題に変化を起こすには」

TED×Kyoto 2015

ご意見・講演依頼・書籍ご注文等はこちらまで

​© Copyright 2013 難民ナウ!