top of page
検索

お礼 2/15(水):NUGとの対話vol.7「国防省が守ろうとするもの、そして展望PART2」



皆様

2023年2月15日、「NUG国防省が守ろうとするもの、そして展望PART2」が終了しました。国防省のNaing Htoo Aung政務官、ミャンマーの民主化を支援する議員連盟会長の中川正春衆議院議員、同事務局長の石橋みちひろ参議院議員にご登壇いただきました。心よりお礼を申し上げます。

https://www.youtube.com/watch?v=CaXxHHJGhus

特に3点、印象に残った点をご報告します。

(1)軍に武器製造の部品を提供している日本企業が存在するという国連報告は、「日本で暮らす私たち自身の問題としてミャンマーの暴力を捉える必要」を強く求めるものだと思います。

(2)また、日本がミャンマーの和平に重要な地位を占めるからこそ、国民の声を聴く仲介者が必要、というNaing Htoo Aung政務官の指摘には大きく頷きました。笹川氏だけに頼らないミャンマーへの働きかけが必要だと改めて強く思います。感情論ではなく、暴力が激しくなっている現実を直視し、日本の従来のアプローチが機能していないことを認めるべきではないでしょうか。

(3)最後に、軍の空爆が激しさを増す中、子どもたちは防空壕への避難の仕方を教わっているとお聞きしました。子どもが学ぶべきは幸せに生きるための様々なことで、防空壕への避難の仕方ではありません。そうしたことを自国の軍によって強要されている異常さに改めて目を向けてほしいと思います。

댓글


bottom of page